コンジロームに感染してもクラビットでは効かない?

コンジロームは、ヒトパピローマウイルスによって感染する性病で、男性は陰茎や亀頭、肛門周辺などに、女性は大小陰唇、膣などに鶏のトサカのようなかさぶたや乳頭のようなイボができる症状です。

主に性行為で感染しますが、病変部に触れたり感染者の粘膜や皮膚に触れてもうつることがあり、パートナーが感染している場合は一方のパートナーにも症状が出ている可能性が高いので二人で一緒に治療するようにしましょう。

実は、コンジロームの治療は非常に厄介で、クラビットなどの抗生剤では耐性ができているので効果がありません。
それ以外にエイズや梅毒、淋病などにもクラビットは効かないとされていますが、クラミジアはクラビットの服用でも効果があるようです。

コンジロームの治療は、軟膏を塗る場合もありますが再発率が高いので、レーザーなどでイボを除去する治療が適しているとされています。

コンジロームの病変部にレーザーを当ててそのものを焼き切る方法ですが、レーザー治療となると費用もかかり、また性器周辺にレーザーを当てることでの恐怖や痛みが気になるものです。

ネット通販などではアルダラクリームという軟膏が販売されていて有効なようですが、ウイルスが殲滅しない限りはまた再発する可能性が高いので、しっかりと治していく必要があります。

また、子宮頸がんの原因ウイルスも同じヒトパピローマウイルスなので予防接種をすれば効果があるように思われがちですが、同じヒトパピローマウイルスであってもコンジロームは良性のものであり、残念ながらワクチンの予防接種をしても効果がないとされています。

感染者の剥がれた皮膚が付着するだけでもうつってしまうので、コンドームを使用しての性行為でも予防はできません。
もし自分やパートナーが感染しているようなら、一刻も早く治療して、その間は性行為を行わないようにするのが望ましいでしょう。