コンドームは性病、HIV予防になる

コンドームというと、ついつい避妊具としての役割にばかり目がいきがちです。
しかしコンドームの役割というのは、それだけではありません。性病予防に高い効果を発揮するのです。
というのも、性病というのは粘膜から感染することが多いのです。そのため粘膜同士の直接の接触を防ぐことのできるコンドームは、予防にも高い効果が期待できるというわけなのです。
更にはHIV予防にも効果を発揮します。
HIVというのも、やはり粘膜からの感染が主な経路となりますから、通常の性病感染と同様にコンドームで防ぐことが出来るのです。
粘膜からの感染ならキスでもうつるのではと勘違いしている人も多いですが、HIVの場合にはキスではまずうつりません。
唾液をバケツ3杯分ほどを飲んで、やっと感染すると科学的にも証明されているのです。
ですので性行為が主な感染源であるHIVというのは、コンドームでほぼ予防する事が可能なのです。
こうした性病予防に効果を発揮するコンドームですが、使い方を間違えて感染してしまう人も中にはいます。
コンドームというのは粘膜同士の直接の接触を防いで、性病予防するのです。
ですので途中からではなく、挿入前には装着していなければ予防の効果は半減してしまうのです。