遠赤外線治療法による感染症防止にクラビットがおすすめ

遠赤外線治療法は、様々な病気を治すのに効果的です。遠赤外線治療法は基礎代謝を向上して血行を促進するので、体調を良くします。遠赤外線は光線が人間の体内の奥深くまで熱を届けられるので、用いられています。体の中心部まで暖まれば代謝が活性化されて、溜まった老廃物も除去されます。遠赤外線治療法は、アトピー対策にも有効です。副腎の血液がサラサラになり機能が回復しなり、汗と一緒にアレルゲンとなる老廃物が流れたりするためです。さらに女性で多いのが冷え性です。体が冷えていると不妊症の原因にもあります。温めることで不妊を改善する効果も期待されています。しかし遠赤外線治療法には問題があります。それは遠赤外線を出す機器です。市販でも様々な種類がありますが、部位によっては直接マットなどと肌が触れることがあります。そこで心配されるのが細菌の侵入です。細菌は人間の抵抗力が弱い時に付着すると、体内に侵入して悪影響を与えることがあります。その中には皮膚感染症や呼吸器感染症など、重篤な症状が出る病気もあります。感染症防止のためには、常に細菌のいない状態で使うことが大切です。しかし日常生活で使用すれば、他の家族が使ったり、自分潜伏した細菌が付着したり、細菌が肌に触れるのを防止するのは難しいです。よって感染症防止には、細菌が体内に入っても増殖を抑制して、症状が出るまでに殺菌するのが良いです。クラビットはニューキノロン系の経口抗菌製剤です。クラビットを服用すると、細菌に感染してもDNAが複製されるのを阻害するので、感染症予防に最適です。クラビットは発疹やめまいなどの副作用がまれに見られますが、あらゆる分野の感染症に効果があります。